鼻から吸い込んで効果絶大!イミグラン点鼻薬で片頭痛を和らげよう!

頭をおさえる男性

原因不明の血管拡張

束になっている薬シート

多くの人が痛みに耐え、悩んでいる片頭痛ですが、この症状がどうして起こるのか、というのは実は細かいところまでは分かっていません。
一説にはセロトニンの過剰分泌などが原因ではないか、と言われていますが、それが明確な原因なのかどうかはしっかりと研究されていないのです。
しかし、片頭痛が起こっている最中に「ここで何かが起こって痛みが発生している」というのが判明したことにより、通常の痛み止めを利用するよりも早く痛みを止める方法、そしてその際に利用する薬の開発が始まったのです。

片頭痛が起こるメカニズムは「何かしらの原因によって脳の大きな血管が拡張され、三半神経を圧迫し、脈動するたびに神経ペプチドが分泌されて強い痛みや吐き気、めまいなどの症状が現れる」もしくは「何かしらの原因で三半神経が刺激され、神経ペプチドが過剰分泌されることによって強い痛みと吐き気などの症状が現れる」とされています。
片頭痛のメカニズムはこのどちらかと言われていますが、実際にどちらが正しいのかはいまだに判明していません。
しかし、何かしらの原因で三半神経が刺激され、強い痛みが現れているというのが分かったことにより、脳に近い鼻から直接薬を吸収させ、神経ペプチドの分泌を抑えつつ痛みを軽減させる、血管を収縮させるという治療方法、そしてイミグラン点鼻薬という薬が開発されたのです。

イミグラン点鼻薬を利用した症状の緩和は非常に効果があるので、この治療方法が開発されたことで非常に多くの頭痛持ちが楽になることが出来ました。
そして、どこで何が起こっているから痛むのか、というのがより明確になれば更に効果的な治療方法というのも判明するはずなので、今後の研究に期待大ですね。