鼻から吸い込んで効果絶大!イミグラン点鼻薬で片頭痛を和らげよう!

頭をおさえる男性

鼻に直接吹き付けます

茶色のカプセル

イミグラン点鼻薬は通常の痛み止めのように口から摂取する医薬品とは違い、鼻から直接薬液を吸引する特殊な医薬品です。
その為、使用する際も通常の薬とは少々違う使用方法になります。

使用する際は薬液の入ったポンプのようなケースを直接鼻の中に入れ、息を止めながらポンプを操作して薬液を噴霧し、鼻の奥に薬液を塗布します。
その際、鼻の中に異物が入っているときちんと奥まで薬液が届かないことがある為、事前に鼻をかんでおくなどして鼻の中に何も入っていない状態を作っておくようにしましょう。
そして、薬液を噴霧する際は慣れるまではいきなり鼻の奥に液体が流れ込んでくるような感覚がするため、どうしても異物感や痛みを伴い、くしゃみをしてしまいそうになります。
なので、慣れるまでは一気に噴霧するのではなく、ゆっくりと操作してなるべく鼻の奥に刺激を与えないようにしましょう。
また、使用後に鼻をかんでしまうと薬液が流れ出てしまう為、鼻の奥に異物感を感じてもじっと我慢するようにしましょう。

通常の痛み止めとは違い、使用後10分ほどで痛み止めの効果が現れ始めます。
その為、非常に早い段階で痛みが軽減したのがわかると思いますが、もし1度の使用で効果が感じられなかった場合は2時間ほど時間を空けてから追加で噴霧するようにしましょう。